監査機能

e-Medinetの監査機能を利用すると、任意の監査項目を設定するだけで対象項目が未登録のものを自動的に確認することが可能になります。また、監査結果を監査票として督促の個別印刷、一括印刷、メール督促機能などを利用して督促をかけることが可能です。また、外来患者の監査機能も設けられており、外来経過機能が記載されているか自動判定することもできます。

監査機能のご利用イメージ

電子カルテ監査  
電子カルテ監査
※入院診療科目ごとに監査を行います。
1 監査にチェックし、コメントを入力します。
2 入力した内容を印刷します。
3 チェック項目は、自由に設定できます。(入院、外来別々に設定可能です。)
4 督促は、紙面での督促とメールでの督促ができます。
外来経過記録管理  
外来経過記録管理
1 受診情報に対し、経過記録の記載を管理できます。
○・・・記載  ×・・・不備  -・・・不要
2 検索条件:受診日、診療科(複数選択)、担当医
経過記録内の文字列を検索することができます。
3 督促は、紙面での督促とメールでの督促ができます。
4 履歴を選択しますと、その日の記載内容が表示されます。
外来経過記録不備督促  
外来経過記録不備督促
1 終了日で検索し、監査が済んでないカルテに対し、督促を行います。
2 主治医別、診療科別のリストが印刷できます。
3 督促は、紙面での督促とメールでの督促ができます。