退院サマリー

弊社システムのあらゆる情報を利用し、電子カルテから必要な情報を情報連携で簡単に作成・印刷することができます。蓄積された顧客情報は、弊社独自のセキュリティ対策により安全に保管され、必要に応じて過去の蓄積されたサマリーを有効活用することが可能です。

がん登録機能の主な利用項目

退院患者のサマリのテンプレート登録(シェーマ、画像貼付・編集可能)
退院サマリの検索(診療録基本登録情報・イメージサマリ情報)
診断書・各種診療計画書などの医療文書の入力・管理
その他機能にて登録した情報との自動連携

退院サマリーのご利用イメージ

退院サマリー登録画面  
退院サマリー登録画面
患者番号、登録状態、入院日、退院日、科、病棟、主治医、担当医、紹介元、紹介先、疾病、術式で入退院履歴を検索します。
退院サマリー登録画面  
退院サマリー登録画面
STEP1 電子カルテ等から空の退院サマリーが自動作成される。
STEP2 担当医師が病名等を入力して「確定保存」する。
STEP3 確定保存されたサマリーを、監査医が「監査保存」する。
STEP4 監査保存されたサマリーを、診療情報管理士が「承認保存」する。
承認された退院サマリーは、診療情報管理システムに取り込まれます。これにより様々な標準統計資料が作成出来ます。
退院サマリー印刷  
退院サマリー印刷
病院様指定の形式で、いつでも簡単に退院サマリーが印刷出来ます。